日本のメディアはニュースに付加価値をつけていない

フジテレビ日本のテレビニュースを見ても、つまらなく何も勉強にならない。事実をそのまま伝えるだけで、何も付加価値つけていない。

だから、”昔”のライブドアの事件が起きた。日本のメディアが簡単にニュースを流しているから、堀江モンに宣伝道具として利用されたんだ。

この最近の餃子事件も、日本メディアの弱さを感じざるを得ない。中国でニュースにならない事件が、大々的に報道している。

もう、あの餃子ニュースに飽きてしまった。

確かに、悪いことをした企業に対して、バッシンを与えるのは、社会にコントロールとバランスを齎す、というメディアの役割でもあるが、ちょっと偏り過ぎ。

企業のミスを大々的に報道するが、いざ政治家の出番が来たら、一瞬にして古いニュースかのように扱ってしまう。

外資系を日本に寄ってこなくした政治家を批判してください。

外国人を受け入れない政治家を批判してください。

ベンチャー企業が育たない日本にしてしまった政治家を批判してください。

と、まだ言いたいことがいっぱいあるが、ここまでにしよう!

皆様も日本のメディアに言いたいことがたくさんあると思いますが、
どうぞコメントに残してください。

Comments (No)

Leave a Reply