株の売るタイミング — 人生と投資のブログ

株の売るタイミング

株の買うタイミングは簡単で、売るタイミングは難しい。

色々な考え方がある。

  1. バフェット曰く、優良企業であれば、売るタイミングはやって来ない。
    ただ、バフェット自身、株を売買しているので、株はいつか売るものだと考えた方が良い
  2. ピーターリンチの場合は、思い描いたとおりに、企業の業績が成長しない時。
    彼の場合は、四半期ごとの決算書を読み、それに基づいて買い・売りの判断を下す。
  3. 株価が高くなった時に売って利益を確保。例えば、PERが20倍を超えたら、手株を仕舞い。また、反対に、購入価格からXX%下がったら、損切り(売る)をするというルールで、資産を保護。

稼ぐプロの場合、2と3のやり方を併用。但し、利益確保と資産確保は共通のルールで実施。株価が購入してからの最高値より、XX%を下がったら手放す。XXは、銘柄によって20~50%の間に変わる。株価が振れ易い小型において、より大きな数字を採用。例えば、シナジーマーケティングはそうである。

このXXは、自分自身がどれぐらいリスクを取れる、あるいはリスクを取りたいかで決まるので、各自の状況に合わせて設定した方が望ましい。

         

次は何をする? 以下の情報も必見!



0 comments ↓

There are no comments yet...Kick things off by filling out the form below.

Leave a Comment