できる人、論理的、交渉術 — 人生と投資のブログ

ビジネス会話は、数字で語れ!

仕事できる人は論理的な考え方を持っている、とよく言われています。

ただ、具体的にどのような人なのかイメージできない人が沢山います。

私の経験によれば、調整ごとに数字で語れる人は、論理思考を持ち、社内ではできる人群に入っています。

数学は、そもそも論理的なもので、その構成要素の一つ、「数字」 はまさに論理思考にぴったり道具です。

よって、「多い」という言葉より、「1000という基準に対して2000」、と言った方が論理的です。

皮肉なことに、人間は感情をもっているので、ビジネス場面で「多い」 「少ない」「高い」「安い」という言葉で、交渉を纏めています。大企業で勤めているエリートも、対象外ではありません。

皆さんは、どのように仕事を進めていますか。